AGA 男性型脱毛症

脱毛症で悩む方必見!
AGAの症状や治療・予防法を徹底紹介!

AGAとは「男性型脱毛症」の別名のことです。成人男性の中には抜け毛や薄毛といった症状に頭を抱えており「その原因や改善方法について知りたい」という人は多いでしょう。実は、AGAを治療することは可能なのです。この記事では、AGAの原因や治療方法、予防方法などについてまとめてみたいと思います。

この記事を参考にすることで、どのようにAGAと向き合えばいいかがわかるでしょう。

01. AGAとはどんな病気?

まずは、AGAの基礎知識を説明します。主な症状や原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

1-1.抜け毛や薄毛がゆっくりと進行

AGAは、抜け毛や薄毛がゆっくりと進行していく病気です。皮膚の中で毛髪を作る「毛包」と呼ばれる器官が十分に成長せず、髪が太く育つ前に抜けてしまいます。何もせずに放っておくと髪の毛の数はどんどん減少。少しずつ地肌が透けて目立つようになります。

1-2.脱毛パターンはさまざま

AGAによる脱毛パターンは人によって異なります。額から抜け毛が進行する、頭頂部から進行する、その両方から徐々に進行するなど、さまざまです。

1-3.原因は「生え変わりのサイクル」にある!

誰しも髪の毛は抜けるものです。そのこと自体には何の異常もありません。問題は「生え変わりのサイクル」にあるのです。正常の状態であれば、髪の毛は一定のサイクルで抜け、再び同じ毛根から新しい髪が生えてきます。この毛周期が機能していれば薄毛になることはないのです。
AGAの場合は、男性ホルモンなどの影響で生え変わるサイクルに乱れが生じます。髪の毛が抜けた後、うぶ毛が育つ前に、早いサイクルでまた抜けてしまうのです。正常な髪の生え変わりを邪魔しているのが「DHT」と呼ばれる男性ホルモン。この働きをブロックできれば、残ったうぶ毛が育つ可能性があります。

1-4.AGAになりやすいのはこんな人!

「AGAは遺伝によるもの」とも言われています。しかし、遺伝だけが原因ではないことが分かっており、家族に薄毛の人がいなくても安心はできないのです。

1-4-1.ストレスを抱えやすい人

日々の生活でストレスを抱えやすい人は要注意です。ストレスによって血管が収縮すると、血液の流れが悪くなります。その結果、毛根まで十分な栄養が行き渡らなくなってしまうのです。

1-4-2.生活習慣が乱れている人

過剰なアルコール摂取や喫煙、乱れた食生活や睡眠不足は、血行の流れを乱す原因です。ストレスと同様に、毛根に栄養が行き渡らなくなり、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまいます。

1-4-3.運動不足の人

運動不足だと血液がドロドロになりやすく、体に脂肪分がたまりがちです。血液の循環が悪くなり、毛根まで栄養を届けることができなくなってしまいます。

1-5.患者数は全国で約1260万人

AGAの患者数は、全国で約1260万人と言われています。そのうち「AGAではないか」と気にかけている人は約800万人、何らかのケアを行ったことがある人は約650万人ということです。近年はAGA治療の専門病院が増えてきていることから、自覚する患者数も急増しています。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所