パニック障害

パニック障害を克服しよう!
症状や原因・治療法を徹底解説!

パニック障害に悩んでいる。パニック障害を治したい。そんな不安な気持ち、よく分かります。パニック障害は不安障害の一つで、心や性格に原因のある病気ではありません。しかし、治療には長い年月が必要になるため、周囲の理解が必要不可欠です。そこで、この記事では、そんなパニック障害の原因や症状・治療方法などを解説します。

この記事を参考にして、パニック障害から抜け出しましょう。

01. パニック障害って?

パニック障害とはどのような病気なのでしょうか? その主な症状や原因・全国の患者数などを解説します。

1-1.突然生じる強いパニック発作

パニック障害は、思いがけないときに突然生じる動悸や息切れ・強い不安を伴う発作が特徴です。パニック発作はパニック障害の中心となる症状であり、突然さまざまな体の症状が繰り返し現れます。あまりに強い発作のため「このまま死んでしまうのではないか」と不安になることも多いでしょう。しかし、実際にはパニック発作で死ぬことはありません。10分程度で激しい症状は治まります。パニック発作の具体的な症状は以下のとおりです。

  • 動悸・心拍数の増加。
  • 息切れや息苦しさ。
  • 胸の痛みや不安感。
  • 吐き気やおなかのあたりの不快感。
  • 発汗・体の震え。
  • めまいやふらつき。
  • 感情のコントロールを失う。
  • 「このまま死んでしまうのではないか」という恐れ。

1-2.パニック発作に対する「予期不安」

予期不安とは、パニック発作が生じることに対する不安のことを言います。パニック発作を繰り返しているうちに「また発作が起きるのではないか」という強い不安をいつも感じるようになるのです。予期不安は毎日の生活の大きな妨げになります。

1-3.「広場恐怖」や「回避行動」も

パニック障害になると「広場恐怖」や「回避行動」が現れます。広場恐怖とは「パニック発作が生じる状況」に対する恐怖感です。パニック発作を経験すると、以前に発作を経験した状況が怖くなってしまい、その状況を避けるようになります。これが「回避行動」です。回避行動が原因で生活の行動範囲が狭くなり、毎日の生活が妨げられてしまいます。

1-4.原因は神経系の機能異常?

パニック障害の原因は今のところはっきりしていません。しかし、今までの研究から、脳の不安にかんする神経系の機能異常に関連していることが明らかになっています。実際にパニック障害を起こしている人の脳の動きを調べたところ、三つの部分に通常とは違った変化が起こっていたのです。それぞれが持つ機能に応じて、パニック発作や予期不安・広場恐怖などの症状が現れていると考えられています。

1-5.パニック障害になりやすい性格とは

パニック障害には、傾向として「なりやすい性格」というものがいくつか挙げられます。

  • 自分の気持ちを我慢してしまう。
  • 完璧主義。
  • 生真面目。
  • 素直で従順。
  • ものごとをマイナスに考えてしまう。
  • 不安や脅迫概念が強い。

以上に当てはまる人はパニック障害になりやすいため、普段から注意が必要です。

1-6.100人に2人がパニック障害に?

パニック障害の生涯有病率は2%程度です。100人に2人は一生のうち1回はパニック障害にかかるという計算になります。しかし、日本でパニック障害についての認知が高くなったのはつい最近のこと。パニック発作を起こしても精神科を受診しない人も少なくありません。そのため、さらに多くの人がパニック障害を抱えていることが考えられています。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所