PTSD(心的外傷後ストレス障害)

PTSDを克服したい人必見!
症状や原因・適切な対処法は?

過去のトラウマがフラッシュバックしてしまい苦しんでいる…このような症状がある場合、PTSD(心的外傷後ストレス障害)である可能性が高いでしょう。パニック障害などと併発することの多いPTSD。今以上に症状が悪化する前に、一刻も早く対処する必要があるでしょう。そこで、今回はPTSDの原因や症状、治療方法について解説します。不安な毎日を送っている方、必見です。

この記事を読んで、PTSDを克服するきっかけをつかんでください。

01. PTSDとはどんな病気?

PTSDとはどのような病気なのでしょうか。主な症状や原因、なりやすい人の特徴などをまとめました。

1-1.PTSDには過去のトラウマが関係している!

PTSDには、トラウマ体験による心的要因が大きく関係しています。肉体的・精神的に強いショックを受けて、心に深い傷が残るのが「トラウマ」です。具体的には、自然災害や交通事故、性的暴行、虐待、DVなどが当てはまります。トラウマ体験の直後は落ち着いているため、一見何事もなかったように感じるでしょう。しかし、数時間後もしくは数日後に、突然当時の記憶や感覚がよみがえることがあります。以下のような症状が続くときは、PTSDである可能性が高いでしょう。

  • トラウマ体験の感覚がよみがえり、フラッシュバックする
  • トラウマを体験した当時の記憶を失う
  • 意欲の低下や孤独感が強くなる
  • 感情や感覚が鈍くなる
  • なかなか眠れない、熟睡できない
  • イライラしたり怒りっぽくなったりする
  • 警戒心が強くなる

つまり、PTSDにはトラウマ体験による心的要因が大きく関係しているのです。

1-2.「心の強い人」ほどなりやすい

PTSDやパニック障害のような心の病は、意外なことに「心の強い人」ほどなりやすいものです。たとえばひどいトラウマを抱えてしまっても、人に頼らず自分で解決しようとした結果、後になって心の傷となって発症してしまいます。

  • 自分の悩みや弱さを人に見せない人
  • 明るく前向きに考える人
  • 自立心が強く人に頼らない人
  • 基本的に真面目な性格の人
  • 完全主義的な性格の人
  • 自分が弱いことが許せない人

以上のような性格を持つ人は、より注意が必要です。

1-3.決して珍しい病気ではない

PTSDやパニック障害などの精神疾患を抱えている患者数は、年々増加しています。特にPTSDは精神障害で治療を受けている人の中でも比較的多い病気です。生涯罹患(りかん)率は男性で5%、女性で10%。日本では、1995年に起こった阪神淡路大震災後に、PTSDの発症率が急増しました。

1-4.こんな有名人もPTSDだった!

「実はPTSDを患っていた」と言われている有名人もいるのです。元AKBの一員として人気が高かった川栄李奈さんもその1人。2014年に起きた握手会傷害事件をきっかけに、精神的に深い傷を負ってしまいました。その後は握手会への参加をしないまま、2015年にグループを脱退したのです。

また、フリーアナウンサーとして活躍する丸岡いずみさんもPTSDだったと言われています。発病のきっかけとなったのは、東日本大震災の取材。現地の変わり果てた姿を見て、心に大きなダメージを折ってしまったのでしょう。PTSDからうつ病を発症し、4年間も闘病生活を続けたのです。現在は無事回復し、PTSDへの理解を深めるために本を出版しています。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所