統合失調症

統合失調症と向き合うために!
症状や治療法・支援制度について紹介

かつては「精神分裂病」と呼ばれていた統合失調症。現在はおよそ100人に1人がその症状に苦しんでいます。しかし、統合失調症は早期に発見し治療することで過半数が回復すると言われているのです。もし、あなた自身や大切な人が統合失調症で苦しんでいるなら、この病気について詳しく知ってください。そして、病気と向き合い、治療するための方法を検討してみましょう。この記事では、統合失調症の主な症状や治療法・予防方法などをまとめてご紹介しています。

この記事を参考にして、統合失調症と向き合う方法を見つけてください。

01. 統合失調症という病気を知ろう

統合失調症という病名は耳にしたことがあっても、具体的にどんな病気なのか知らない人は多いでしょう。まずは、この病気について詳しくご紹介します。

1-1.脳内の「統合する機能」が失調する病気

私たちは「喜び」や「怒り」「悲しみ」「楽しみ」といったさまざまな感情を持っています。そして、常に考えて行動しているのです。こうした感情や思考は、脳内の精神機能によって行われています。統合失調症は、何らかの原因でさまざまな情報や刺激に過敏になりすぎ、脳が対応できなくなる病気です。そのため、感情や思考をまとめあげることができなくなります。

1-2.症状は大きく分けて3種類

統合失調症の症状は大きく分けて3種類あります。

1-2-1.あるはずのないものが現れる「陽性症状」

陽性症状とは、本来あるはずのないものが現れる症状のことを言います。たとえば、実際にはないものをあるように感じる「幻覚」です。視覚や聴覚・嗅覚・触覚などさまざまな感覚で現れます。そして、最も多いのが、実在しない人の声が聞こえるという「幻聴」です。自分に対する悪口や噂(うわさ)・何かの命令が聞こえるといった症状が起こります。また、非現実的なことやあり得ないことを信じ込む「妄想」も特徴的な症状の一つです。「見張られている」「騙(だま)されている」といった被害妄想が代表的でしょう。

そのほかにも、会話や行動がまとまりのないものになる、極度に興奮したり奇妙な行動をとったりするなども、陽性症状に当てはまります。

1-2-2.意欲が低下する「陰性症状」

感情表現が乏しくなる、思考が低下するなどの症状を言います。単なる気分の落ち込みではなく、感情そのものの表現が乏しくなるのです。また、学校の勉強や仕事・趣味のことなど、何事に対しても意欲や気力がわかなくなり、周囲のことへの興味や関心がなくなってしまいます。その結果、自ら何らかの目的をもった行動をすることができなくなり、ひどい場合は会話すらもできなくなってしまうのです。人とのかかわりを避け、自室に引きこもる生活に陥るケースも珍しくありません。

1-2-3.日常生活に困難をもたらす「認知機能障害」

認知機能に障害が起こり、生活・社会活動全般に支障をきたすことになります。認知機能とは、記憶や思考・理解・計算・学習・言語・判断などの知的な能力のことです。たとえば、周囲のさまざまな情報や刺激に対して、必要なものだけに気を集中することができません。会話中に周囲の動きや物音などが気になり、落ち着きのない行動をとることもあります。

1-3.発症原因は一つじゃない

統合失調症が発症する原因としては、いくつかの要因が考えられます。以前は遺伝が大きな要因だと考えられていました。確かに、統合失調症に遺伝的な要素はあります。しかし、あくまでも原因の一つに過ぎません。遺伝以外には、妊娠期・出生時に受けた障害の影響についても、原因の一つとして考えられています。胎児期のウイルス感染や栄養不良・出生時の無酸素状態などが脳の機能に障害を与え、発症の原因になるのではないか、という考え方もあるようです。

1-4.どんな人がなりやすいの?

統合失調症の人には、一定の性格傾向があることが分かっています。たとえば、「内気でおとなしく神経質な性格でありながら、無頓着で傷つきやすい気質を持っている人」「人とかかわるのが苦手で、1人でいることを好む傾向のある人」は、統合失調症になりやすいと言われているのです。もちろん、すべての人に当てはまるわけではありません。そのほかにも、ストレスフルな環境は統合失調症の発病に影響するという説もあります。

1-5.患者数は全国で70万人程度

統合失調症の患者数は、現在全国に70万人いることが分かっています。しかし、実際には発症していても受診していない、病気を周りの人に隠している人も多いでしょう。その多くは思春期から30歳までに発病し、全体の約70%を占めているのです。平均の発症年齢は、男性が27歳、女性が30歳となっています。

1-6.統合失調症だった有名人もいる!

統合失調症は意外と身近な病気です。実際に、統合失調症ではないかと噂(うわさ)があったり、本人が告白したりしている有名人もいます。昔の人でいうと、夏目漱石や芥川龍之介も統合失調症だったと言われているのです。最近では、玉置浩二さんや岡村隆史さんもそういった時期があったのではないかと噂(うわさ)されています。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所