気管支炎

気管支炎の症状や治療法を徹底解説!
似ている病気に注意しよう!

「風邪を引いた後、咳(せき)だけが治らない…」というその症状、気管支炎の可能性があります。気管支炎はなかなか見分けにくい症状であるため、気づかずに放置してしまっている人も多いのではないでしょうか?咳(せき)は呼吸器になんらかの異常があるというサイン。早めに対処してすっきり治したいものです。そこで、この記事では、気管支炎の主な症状や原因・治療法などを解説しています。

この記事を読むことで、しつこく続く咳(せき)を解消する方法が見つかるはずです。

01. 気管支炎とは?

気管支炎にはさまざまな種類があり、症状もそれぞれ異なります。主な症状や原因などをご紹介しましょう。

1-1.咳(せき)や痰・発熱を主症状とする病気

気管支炎とは、気管支粘膜に炎症が起こり、咳(せき)や痰・発熱を主症状とする病気の総称です。主に急性気管支炎と慢性気管支炎があります。

1-1-1.ウイルス感染が原因の急性気管支炎

急性気管支炎とは、ウイルス感染が原因で気管支に炎症が起こる病気です。風邪やインフルエンザなどのウイルス感染によるものが多く、咳(せき)や痰が長く続くため発熱を伴うこともあります。最初はコンコンと乾いた咳(せき)が出て、次第に痰がからんだゴホゴホという湿った咳(せき)に変わっていくのが特徴です。咳(せき)がひどくなると、夜に眠れない・食欲が低下するなどの症状が伴うこともあります。

1-1-2.症状が数週間から数か月続く慢性気管支炎

慢性気管支炎とは、数週間から数か月にわたり咳(せき)や痰の症状が続く状態のことです。主な原因は喫煙ですが、そのほかにも百日咳(ぜき)や副鼻腔気管支症候群などの疾患も原因として考えられています。慢性気管支炎は『慢性閉塞性肺疾患』に含まれ、肺炎や呼吸不全を起こしやすくする要因の一つです。症状としては、慢性的な咳(せき)や痰のほか、体を動かしたときに息切れが起こることも。冬に悪化しますが、そのほかの季節には症状がいったん落ち着く傾向があります。

1-2.気管支炎になりやすいのはどんな人?

気管支炎になりやすいのはどのような人でしょうか。以下に当てはまる人は、より注意が必要です。

1‐2‐1.小さな子供

子供は大人と比較して気管そのものが細いため、気管支炎になりやすい傾向にあります。また、細菌やウイルスに対する抵抗力が弱いことも理由の一つです。

1‐2‐2.家族にぜん息患者がいる人

そのほかにも、家族にぜん息の人がいると、遺伝的な要素から気管に炎症を起こしやすいと言われています。

1‐2‐3.体力が低下している人

産後や病み上がりなど、体力が低下しているときに風邪を引くと、治りが悪く重症化して気管支炎になることも少なくありません。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所