帯状疱疹

帯状疱疹の初期症状・原因は?
治療・予防のポイントを徹底解説!

帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、痛みを伴う皮膚病の一つです。これまでは50代以上に多い病気と言われていましたが、近年は20〜30歳代の若い世代にも増えています。治療が遅れるほど治りも遅くなるため、症状に気付いたらできるだけ早く対処することが大切です。そこで、この記事では、帯状疱疹の原因や症状・治療方法などを解説します。

この記事を読むことで、帯状疱疹の正しい対処方法がわかるでしょう。

01. 帯状疱疹という病気について

帯状疱疹の症状や原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

1-1.原因は水ぼうそうと同じウイルス

帯状疱疹は、水ぼうそうと同じウイルスによって起こる病気です。水ぼうそうは通常子供のころにかかる病気で、水ぶくれが多発した後に破れてかさぶたとなり、約3週間かけて治ります。しかし、その後もウイルスは体内の神経節に滞在し続け、水ぼうそうが治った後も、完全に体内から消滅することはありません。そして、人によっては何十年もたった後で突然このウイルスが復活して帯状疱疹になるのです。

1-2.復活のきっかけは?

体内に潜んでいたウイルスが復活するきっかけとしては、いくつかの原因が考えられます。たとえば、大きなストレスを感じたときや過労・免疫力が低下したときなどです。また、病気や手術・免疫抑制剤を使用したときなども、帯状疱疹が現れることがあります。

1-3.初期症状はチクチクした痛みから

体内の神経節に潜んでいたウイルスは、神経を伝わって皮膚に到達し発症します。初期症状は、発疹の出る数日前から体の一部にチクチクとした痛みを感じ始めるなどです。この時点では、患部を見てもまだ発疹は出ていないため、帯状疱疹であると断定することはできません。しかし、数日たつとこの部分に特徴的な発疹が現れ、痛みが増してきます。痛みは次第に激痛に変わり、やがて発疹が帯状にはっきりと現れるのです。

1-4.症状の進み方

発疹の悪化とともに、発熱やリンパ節の腫れ・頭痛といったほかの症状が出てくる場合もあります。発疹は次第に水ぶくれのようになり、徐々に拡大するのです。そして、6~8日で破れてびらん・潰瘍になります。その後は治癒方向に向かい、約2週間でかさぶたになり、約3週間でかさぶたがはがれて完治するでしょう。

1-5.帯状疱疹になりやすいのはこんな人!

同じように子供のころ水ぼうそうを経験していても、帯状疱疹になる人とならない人がいます。その違いは一体何なのでしょうか? 以下のような人は帯状疱疹になりやすいため、注意が必要です。

  • 仕事や子育てで疲れがたまっている人.。
  • 過剰なストレスや病気により、免疫力が低下している人。
  • 高齢の人。

特に50代くらいになると、体力が低下してきます。体力の低下は帯状疱疹になりやすくなる原因です。加齢を避けることはできません。しかし、規則正しい食生活や適度な運動を心がけ、体力を維持することで予防することはできます。

1-6.患者数は増加傾向にある

日本では、毎年1,000人に約5人の人が帯状疱疹にかかると言われています。中でも多いのが60代以上の女性患者です。次に、10~20代も患者が増加します。これは、幼児期に水ぼうそうにかかり免疫細胞は増えたものの、10~20代になるとほとんど減少することが原因でしょう。ただ、水ぼうそうの子供と接触する機会の多い保育士などの職業の人は、帯状疱疹の発症率が低いことも分かっています。水ぼうそうの子供と接触することで、追加免疫効果が得られるためです。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所