大腸がん

大腸がんが不安な方、
症状や原因・治療法を
詳しく紹介!

「もしかしたら大腸がんになってしまったかもしれない・・・」このような不安を抱えていませんか? 大腸がんは日本人で2番目に多いがんとなっています。しかし、大腸がんは、早期発見・早期治療により7割以上の人が完治する病気です。そこで、この記事では、大腸がんの症状や原因・治療法について解説しています。大腸がんを克服するために、どのように病気と向き合うべきかを考えていきましょう。

この記事を読めば、大腸がんに対してどう取り組むべきか分かるはずです。

01. 大腸がんとは?

まずは、大腸がんという病気について知りましょう。症状や原因・全国の患者数などをまとめてみました。

1-1.大腸がんが発生する仕組みは二つ

大腸がんが発生する仕組みは大きく2種類あります。一つは、粘膜にできたポリープががんに変化するパターン。もう一つは、粘膜から直接発生するパターンです。がんが粘膜より深いところへ広がっていないうちは、比較的早期の段階です。しかし、粘膜を越えて、がんが大腸の壁の外側に向かって広がっていくと次第に自覚症状が現れるようになります。

1-2.肛門(こうもん)に近いほど異常に気づきやすい!

便は大腸の中を「上行結腸」→「横行結腸」→「下行結腸」→「S状結腸」→「直腸」の順にとおり、最後に肛門(こうもん)から排出されます。上行結腸や横行結腸にがんができた場合は、たとえ出血していても便と混ざってしまうため、異常に気づくことは困難です。一方、がんが下行結腸やS状結腸、つまり肛門(こうもん)近くにできた場合は、便通異常に気づきやすいため早期発見しやすくなります。

1-3.転移してから発見されることが多い

大腸がんは特徴的な自覚症状が少なく、早期の段階で本人が異常に気づくことはほとんどありません。多くの場合は、大腸がんがある程度進行してから発見されます。大腸にできたがんが肝臓や肺・骨に転移し、痛みなどの自覚症状が出てから発覚するというのが大半です。

1-4.大腸がんの初期症状は?

大腸がんがどの部位にできたかによって、初期症状はさまざまです。主な症状を紹介します。

  • 血便
  • 下血
  • 下痢と便秘を繰り返す
  • 細い便が出る
  • 残便感がありスッキリしない
  • おなかが張る
  • 腹痛
  • 貧血
  • 体重減少

大腸がんでは、特に血便の頻度が高くなると言われています。痔だと思い込んで血便を放置する人も多いため、できるだけ早く病院を受診して検査を受けるようにしましょう。

1-5.大腸がんを引き起こす五つの原因

大腸がんの原因として考えられるものを五つご紹介します。

1-5-1.食生活の欧米化

日本では近年、急速に食の欧米化がすすんでいます。米や野菜中心の食生活から肉や油などたんぱく質や脂肪分の多い食事に変化しているのです。高たんぱく・高カロリーの食事は消化が悪いため、便がなかなか外に排出されません。これは、便に含まれる発がん性物質が腸内に長時間とどまることを意味します。そのため、こうした食事を続けていると、がんになりやすくなるのです。

1-5-2.喫煙

たばこは大腸だけでなく、肺や胃などの消化器系の臓器へ影響を与えます。発がん性物質を体に取り込むことになるため、吸わない人に比べて約7倍も大腸がんになりやすいと言われているのです。

1-5-3.過度の飲酒

日本人は欧米人に比べて、アルコールの影響を受けてがんになりやすいと言われています。男女ともに、飲酒は適度な量にとどめる必要があるでしょう。

1-5-4.運動不足

運動によって大腸がんのリスクを軽減できることが明らかになっています。特に、デスクワークの多い人は大腸がんになりやすいと言われているため、意識して体を動かすことが大切です。

1-5-5.肥満

肥満も大腸がんを引き起こす原因の一つです。特に男性はその関係が顕著で、BMI27以上で、大腸がんになる可能性が上昇するという報告があります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所