口内炎

口内炎の正しい治し方は?
治療・予防に役立つ10のポイント

口内炎が気になるものの「よくできるから」とそのままにしていませんか? 実は、口内炎は生活習慣や食習慣を変えることで大幅に減らすことができます。とはいえ、口内炎がいくつもできると、ほかの病気ではないかと心配になることもあるでしょう。そこで、この記事では、口内炎はどんな症状なのか、深刻な病気に関係するケースはどのようなものかを含め、口内炎を治すために知っておくべき10のポイントをご紹介します。

この記事を参考にすることで、口内炎にならない生活スタイルが身につきます。

01. 口内炎とはどんな病気?

口内炎を治すためには病気について理解することが大切です。そこで、まずは口内炎という病気について説明します。

1-1.口内炎の主な症状

口内炎とは、口の中に潰瘍(かいよう)などの炎症が生じる病気の総称です。白い膜のようにただれるケースもあれば、ニキビの中心が陥没したような潰瘍(かいよう)になる場合もあります。頻繁にできるため気にしない人も多いようですが、口内炎ができるのには理由があり、体が不調である警告サインでもあるのです。そのため、何もせずに放っておくのではなく、口内炎ができないように生活習慣の改善が必要でしょう。また、口内炎の中には、深刻な病気につながりかねない症状もあります。口内炎の原因や症状はさまざまであるため、自己判断には注意が必要です。

1-2.口内炎の種類

口内炎には大きく分けて5種類あります。

1-2-1.アフタ性口内炎

最も多いのは、アフタ性口内炎です。アフタ性口内炎は、口の中にニキビのような潰瘍(かいよう)ができます。たいていは、体の不調が原因です。

1-2-2.カタル性口内炎

次に多いのが、カタル性口内炎です。間違って口の中でほほをかんだあとに、口内炎ができたことはありませんか? 口の中の粘膜が傷ついたときにできるのが、このカタル性口内炎です。

1-2-3.その他の口内炎

ほかには、ウイルスによってできるウイルス性口内炎・アレルギー反応として生じるアレルギー性口内炎・喫煙が理由で生じるニコチン性口内炎などがあります。

口内炎は種類によって対策が異なります。自分の口内炎がどの種類に該当するかわからない場合は病院で診断してもらってください。

1-3.口内炎の原因

口内炎はどのようなことが原因でできるのでしょうか? 種類ごとに紹介します。

1-3-1.アフタ性口内炎

アフタ性口内炎の主な原因は、ストレスや免疫力の低下です。寝不足が続く・疲れがたまるなどに心当たりがある場合はアフタ性口内炎でしょう。また、規則正しい食事がとれていない方は、栄養不足による免疫力の低下が原因でアフタ性口内炎となっている可能性があります。

1-3-2.カタル性口内炎

カタル性口内炎の場合、口内の粘膜が傷つくことが原因です。また、熱いものを食べて火傷をしたことが原因で生じることもあります。このように、粘膜が体内や外側からの刺激によって炎症が生じ、潰瘍(かいよう)やただれが生じるのがカタル性口内炎です。

1-3-3.そのほかの口内炎

ウイルス性口内炎やアレルギー性口内炎は、ウイルスやアレルギーの種類によって原因や症状もさまざまです。治療法も異なるため、いつもの口内炎とは違うと感じたら医師に相談しましょう。

1-4.どんな人がなりやすいのか?

実は口内炎ができやすい人には共通点があります。どのような人がなりやすいのかを紹介しましょう。

1-4-1.ストレス・疲労がたまっている人

ストレス・疲労がたまっている人は口内炎ができやすくなっています。アフタ性口内炎の場合、ストレスや疲労・栄養不足は厳禁です。睡眠が不足すると、疲れがとれにくく、口内炎ができやすくなります。

1-4-2.偏った食事をしている人

食事内容が偏りがちというのも口内炎ができやすい人の特徴です。仕事が忙しくても、しっかりと栄養のある食事を食べてください。コンビニの弁当が多いと、栄養が偏り口内炎ができやくなります。

1-4-3.唾液が少ない・口が乾きやすい人

唾液には殺菌力がありますが、唾液が少ないとウイルスが増えウイルス性口内炎ができやすくなります。口の中が乾きやすいという人は注意が必要です。また、唾液が減少すると口内が傷つきやすくなり、カタル性口内炎ができる原因にもなります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所