副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎の症状や原因は?
蓄膿症との違いや予防ポイントを紹介!

「鼻づまりが治らない」「嫌な臭いの鼻水が出る」…このような悩みをお持ちですか? その症状は副鼻腔炎の可能性があります。副鼻腔炎は、すぐに耳鼻咽喉科を受診すれば早期に改善する疾患です。しかし、単なる風邪と勘違いして放置している人も多いはず。そこで、副鼻腔炎の症状や原因・チェック方法などをご紹介したいと思います。

この記事を読むことで、副鼻腔炎の不快な症状を解消する手がかりが見つかるはずです。

01. 副鼻腔炎はどんな病気?

副鼻腔炎という病気について、詳しく知らないという人は多いでしょう。症状や原因・なりやすい人の特徴などを解説します。

1-1.『副鼻腔』で炎症が起きている状態

鼻の周りには『副鼻腔』と呼ばれる空間があります。この空間で炎症が起きている状態を『副鼻腔炎』と言うのです。副鼻腔炎は大きく『急性副鼻腔炎』と『慢性副鼻腔炎』に分けることができ、原因や治療法は異なります。急性副鼻腔炎は主に細菌感染が原因であり、慢性副鼻腔炎は鼻腔と副鼻腔の間にある孔(あな)が狭くなり、空気循環が悪くなっていることが原因です。

1-2.『急性副鼻腔炎』の症状とは?

風邪をひくと鼻がつまります。この風邪に続き、細菌が副鼻腔内や粘膜に感染し、急に鼻づまりを起こすのが『急性副鼻腔炎』です。花粉症などのアレルギー性鼻炎で鼻づまりがひどくなり、急性副鼻腔炎になるケースも多くなっています。また、疲労がたまったり病気になったりして、体の抵抗力が低下することが原因となることも少なくありません。症状としては、片方の鼻がつまったり痛くなったりすることが特徴です。また、頭痛や発熱が起こる場合もあります。

1-3.慢性副鼻腔炎=蓄膿症

急性副鼻腔炎の症状が進行して、慢性化したのが『慢性副鼻腔炎』です。この慢性副鼻腔炎こそ、私たちがよく耳にする『蓄膿症』の別名だということをご存じですか?蓄膿症は、両側の鼻がつまり、頭がよりいっそう重たく感じるのが特徴です。頭痛や発熱はなく、黄色く粘り気のある鼻水が出続けます。また、鼻の奥に嫌な臭いを感じることもあるでしょう。

1-4.副鼻腔炎になりやすいのはこんな人!

副鼻腔炎になりやすい人には、以下のような特徴があります。

  • 風邪をひきやすい人・長引きやすい人
  • アレルギー性鼻炎の人
  • 花粉症の人
  • 虫歯がある人
  • ストレスをためやすい人

意外なことに、虫歯も原因の一つです。特に上の歯の虫歯を放置していると、虫歯菌がどんどん上へ侵入していき、上顎洞までたどり着いて炎症を起こします。そうなると、鼻炎症状がなくても副鼻腔炎を発症してしまうのです。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所