乳癌

乳癌で悩む人のために!
治療の進め方や予防のポイントを紹介!

女性なら誰でも気になる乳癌という病気。食生活の欧米化がすすんだ今、日本人の乳癌患者は急増しています。乳癌は早期発見・治療をすることで完治しやすい病気です。そして、自分で見つけることができる癌であるということを忘れてはいけません。この記事では、乳癌の症状や原因・予防方法などを解説しましょう。乳癌でお悩みの方、必見です。

この記事を読めば、乳癌とどう向き合っていくべきかが分かります。

01. 乳癌とは?

乳癌と向き合うためには、病気について知る必要があります。症状や原因・どんな人がなりやすいのかなどを解説しましょう。

1-1.乳癌の初期症状は?

乳癌は初期の自覚症状が分かりにくいのが特徴です。以下のような症状に気づいたときには注意が必要となります。

  • 乳房やわきの下にしこりがある。
  • 乳房にひきつれやくぼみがある。
  • 湿疹やただれ・分泌物など乳頭の異常がある。
  • 乳房の膨大感がある。

この場合のしこりは硬い消しゴムのような感触なのが特徴です。初期には痛みもなく、体調不良や食欲不振といった変化もあまりありません。

1-2.乳癌を招く三つの原因

乳癌を招く要因として大きく関与しているのが「エストロゲン」という女性ホルモンの一種です。近年、このホルモンが過剰に分泌されることで乳癌の発症リスクが上昇することが分かってきました。エストロゲンが関与すると考えられる乳癌の原因は主に以下の三つです。

1-2-1.肥満

食生活の欧米化に伴い、高脂肪・高たんぱく質の食事を中心とする人が急増しています。こういった食生活はホルモンバランスを崩す原因です。特に、脂肪細胞はエストロゲンを増やす原因となるため、肥満の人はエストロゲンレベルが高くなります。近年、国立がん研究センターによる研究で、肥満の女性は乳癌の発症リスクが高いということが判明しました。

1-2-2.出産経験の有無

出産経験がない女性は、出産経験がある女性に比べて乳癌の発症リスクが高くなります。出産の経験がないと、妊娠中に多量分泌されるプロゲステロンが相対的に減少し、エストロゲンにさらされる期間が長くなってしまうのです。また、初産年齢が低いほど乳癌のリスクは低くなることも分かっています。

1-2-3.授乳経験の有無

授乳経験のある女性に比べ、経験のない女性は乳癌の発症リスクが高くなることが分かっています。また、授乳期間が長くなるほど乳癌のリスクは低下する傾向にあるということです。

1-3.乳癌になりやすいのはどんな人?

乳癌になりやすい人には、以下のような特徴があります。

  • 初潮が早い(特に11歳以下)。
  • 閉経が遅い(特に55歳以上)。
  • 母や姉妹に乳癌になった人がいる。
  • 出産していない。
  • 授乳したことがない。
  • 30歳を過ぎてから初めて出産した。
  • 閉経後、肥満になった。

特にリスクが高いと言われているのが、遺伝的要因です。母や姉妹に乳癌を経験している人がいる場合、乳癌リスクは2倍以上になることが分かっています。

1-4.毎年5~6万人が乳癌に

厚生労働省の調査によると、現在は毎年5~6万人が乳癌にかかり、1万人程度が乳癌で亡くなっているとのことです。乳癌は30代後半から増え始め、40代後半~50代前半がピークとなります。しかし、日本における乳癌検診の受診率は20%程度で、日本よりも乳癌患者数が多い欧米と比べれば、はるかに低い数値です。乳癌は早期のうちに発見・治療ができれば死亡率を下げることができます。初期の段階で見逃さないためにも、定期的に検診を受けることが重要です。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所