IBS(過敏性腸症候群)

過敏性腸症候群(IBS)で悩む人必見!
症状や原因・見分け方を解説!

下痢や便秘を慢性的に繰り返す過敏性腸症候群。別名「IBS」と言い、比較的若い世代に多い疾患です。大事な場面で急におなかが痛くなりトイレに駆け込むのは大変つらいもの。検査しても特に異常が見つからないため、その症状に悩んでいる人は多いと思います。そこで、この記事では過敏性腸症候群の原因や症状・治療方法などを解説しましょう。

この記事を読むことで、症状を改善するきっかけがつかめるはずです。

01. 過敏性腸症候群ってどんな病気?

年々患者数が増えている過敏性腸症候群とは、一体どのような病気なのでしょうか? 主な症状や原因、なりやすい人の特徴などを解説します。

1-1.ストレスが原因で現れる胃腸の異常

過敏性腸症候群とは、検査を行っても異常がないにもかかわらず、腹痛や下痢・便秘などの症状が起こる病気のことです。その原因にはストレスが大きく関係しています。さらには、過敏性腸症候群自体がストレスの原因になり、負の連鎖が起こるケースも多いのです。特に、通勤電車やバス・車・学校・職場など自由の利かない場所では苦しい状況に陥ります。

1-2.症状の現れ方はさまざま

過敏性腸症候群の主な症状は、腹痛もしくは腹部不快感と便通異常です。腹痛は左下腹部に起こることが多くなっています。発作的に起こる「さし込むような痛み」の場合もあれば、持続的に「鈍い痛み」を感じる場合もあるでしょう。また、便意を伴っていることが多く、排便後は一時的に軽快する傾向があります。一般的に、食事によって症状が誘発され、睡眠中は症状がないのが特徴です。
そのほかにも、腹部膨満感や頭痛・疲労感・不安感・集中力の欠如など、消化器以外に症状が現れる場合もあります。

1-3.三つの種類に分けられる

過敏性腸症候群の症状は主に「下痢型」「便秘型」「交代型」の3種類です。「下痢型」は突如として起こる下痢が特徴で、突然おそってくる便意を心配するあまり、外出が困難になります。「便秘型」の症状は、腸管がけいれんを起こすことによる便秘です。水分が奪われた便は固くなり、排便が困難になります。そして、下痢と便秘を交互に繰り返すのが「交代型」です。

1-4.なぜストレスで胃腸異常に?

過敏性腸症候群の原因の一つにストレスがあります。なぜ、脳で感じるストレスが胃腸異常の原因になるのでしょうか? 腸と脳には同じ神経が多く分布し、自律神経でつながっています。脳が不安や精神的圧迫などのストレスを受けると、自律神経を介して胃腸に伝達され、運動異常を引き起こしてしまうのです。また、下痢や便秘などの不調も、自律神経を介して脳にストレスを与えます。つまり、ストレスの悪循環が形成されてしまう、ということです。過敏性腸症候群の場合は特に腸が敏感になっているため、ちょっとしたストレスにも反応してしまいます。

1-5.過敏性腸症候群になりやすいのはこんな人!

過敏性腸症候群にはストレスが大きく関係しているため、性格によってなりやすい人とそうでない人がいます。過敏性腸症候群になりやすいのは、以下のような人です。

  • まじめで完璧主義。
  • 几帳面で神経質。
  • 1人で抱えこみやすい。

このような人は過敏性腸症候群になりやすいため、注意してください。

1-6.患者数は約1200万人

日本における過敏性腸症候群の患者数は約1200万人です。成人の有病率は12.5%で、男女別では女性がやや多いと言われています。特に、20代・30代の若年層に多いのが特徴です。ただし、症状が軽くて過敏性腸症候群を発症していることに気付かずにいる人も多いため、実際にはもっと多いと考えられます。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所