逆流性食道癌

逆流性食道炎の症状・原因・治療方法は?
知っておきたい10のポイント

食べ過ぎたわけでもないのに胸やけが起こり酸っぱいものがこみ上げてくる・・・このような症状がある場合、逆流性食道炎の疑いがあります。初期症状が軽いため放っておく人も多いようですが、実は食道ガンを引き起こすこともある恐ろしい病気なのです。そこで、この記事では、逆流性食道炎の症状や治療方法・予防方法など、早期に完治するために知っておきたいポイントを紹介しましょう。

この記事を参考にすることで、逆流性食道炎にならない生活スタイルが身につきます。


01. 逆流性食道炎とはどんな病気?

まず、逆流性食道炎とはどのような病気なのかを知っておきましょう。症状・原因などを紹介します。

1-1.逆流性食道炎になる人が増えている理由

逆流性食道炎の患者数は年々増加しています。欧米食文化が主流になり、日本人の胃に負担がかかっていることがひとつの理由です。また、ストレスによって胃がダメージを受けていることも原因のひとつでしょう。胃の不調で診察を受ける人の15パーセントから20パーセントは逆流性食道炎が原因であるとも言われています。

1-2.逆流性食道炎の主な症状

逆流性食道炎は、胃酸が逆流することで食道の粘膜が炎症を起こす病気です。食道の粘膜に炎症がおきることで胸やけなどの症状が起こります。また、寝てるときに胸やけが起こり睡眠がきちんととれない・食欲が減るなども逆流性食道炎によって生じる症状です。気管支にまで影響して、咳(せき)が出るケースもあります。

1-3.逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の主な原因はストレスです。胃はストレスに敏感に反応します。心配や緊張があると胃が痛く感じるのはそのためです。本来は消化を助けるための胃酸がストレスによって増えすぎてしまい、食道に逆流して炎症が起こります。また、服で胃を締めつけすぎることも胃酸が食道に逆流する原因です。

1-4.どんな人がなりやすいのか

以下のような人は逆流性食道炎になりやすいため注意が必要です。

1-4-1.ストレスをためている人

ストレスがたまりやすい人・休む時間がない人は逆流性食道炎に気をつけましょう。自分ではストレスを感じていなくても、睡眠不足が続き体が悲鳴をあげていることもあります。過労・寝不足には十分に注意してください。

1-4-2.胃に負担がかかっている人

胃への負担も逆流性食道炎を引き起こすため注意が必要です。胃への負担には外的要因と内的要因があります。

内的要因は刺激の強い食べ物やアルコールなどです。胃に負担がかかるものなどの食べすぎには注意しましょう。

外的要因は外からかかる胃への負担です。たとえば、前かがみの姿勢で仕事をすることが多い人は、逆流性食道炎になりやすいというデータがあります。また、ベルトを強く締めすぎることも胃に負担がかかるため厳禁です。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所