糖尿病

糖尿病の症状や原因・治療方法を徹底紹介!
予防のポイントも解説!

今や国民の5人に1人以上が患者かその予備軍と言われている糖尿病。残念ながら、糖尿病はいったん発症すると完治することはありません。しかし、血糖値を正常レベルに保つことでコントロールが可能なのです。そこで、糖尿病の原因や症状・血糖値をコントロールするための生活習慣などをご紹介します。

この記事を読めば、糖尿病の進行を防いで体調をよい方向に持っていくことができるでしょう。

01. 糖尿病ってどんな病気?

まずは、糖尿病がどのような病気なのか解説します。主な症状や原因・なりやすい人の特徴などを紹介しましょう。

1-1.高血糖が慢性的に続く病気

糖尿病とは、インスリンというホルモンが低下することによって高血糖が慢性的に続く病気のことです。1型糖尿病と2型糖尿病があり、日本では男性の約6人に1人、女性の約11人に1人が2型糖尿病にかかっている疑いがあります。

1-1-1.「インスリン依存型」である1型糖尿病

1型糖尿病は「インスリン依存型」と呼ばれ、自己免疫疾患などが原因で発症します。インスリン分泌細胞が破壊され、インスリンの産生が欠如してしまうのです。発症すると継続的にインスリンの自己注射が必要になります。

1-1-2.日常生活で予防できる2型糖尿病

2型糖尿病は、遺伝要因や過食・運動不足など、生活習慣が主な原因です。「インスリン非依存型」であるため、発症初期の場合は生活習慣の改善で軽快することもあります。ただし、悪化してしまった場合は、内服やインスリン自己注射などによる血糖コントロールが必要です。

1-2.糖尿病の初期症状とは?

初期の糖尿病は自覚症状が分かりにくく、気づかないうちに進行している人も少なくありません。糖尿病の初期症状を知り、普段から注意しておきましょう。

1-2-1.異常な喉の渇きと排尿異常

糖尿病の代表的な初期症状として、異常な喉の渇きと排尿の異常があります。血糖が高くなると、脳は脱水症状であると判断し、水を飲み血糖値を下げるように指令を出すのです。そのため、激しい喉の渇きを感じるようになります。同時に、頻尿や多尿など排尿の異常をもたらすことも。尿中にタンパク質が多く含まれているため、尿に泡が立ちやすくなるのも特徴です。

1-2-2.常に空腹感がある

通常、経口摂取したブドウ糖は体内に取り込まれます。しかし、糖尿病ではブドウ糖が吸収されにくくなるため、摂取した栄養分が体外に出てカロリー不足になってしまうのです。その結果、食事をとったにもかかわらず、常に空腹感があります。

1-2-3.食後のだるさや眠気も

食後数時間後にだるさや眠気を感じるのも、症状の一つです。インスリン不足により筋肉のエネルギー源であるブドウ糖を取り込むことができず、このような症状が現れます。

1-3.糖尿病になりやすいのはどんな人?

次のような人は、糖尿病になりやすいと考えられています。

1-3-1.血縁者に糖尿病の人がいる

糖尿病になる要因の一つとなっているのが遺伝です。身内に糖尿病の人が多いようであれば、特に気をつける必要があります。また、仮に両親が糖尿病でなくても、祖父母からの隔世遺伝によって糖尿病になりやすくなる場合もあります。

1-3-2.運動不足も危険!

運動不足気味の方も注意が必要です。2型糖尿病は糖質の摂取過多に起因します。通常、運動をすることで糖質は筋肉で消費されますが、運動が足りないとそのまま糖質が消費されず高血糖となってしまうのです。そのため、糖質を摂取した後は、きちんと消費するように運動を心がける必要があります。

1-3-3.肥満=糖尿病になりやすい

肥満の人は糖を大量に摂取していることが多く、糖尿病になるリスクが高くなっています。また、肥満の方は、糖尿病になった場合に合併症を引き起こすこともあるでしょう。ただし、最近は痩せ型でも糖尿病になる人も増えてきています。痩せていても運動不足であったり、夜食べ過ぎたりする傾向にある人は注意が必要です。

1-3-4.食べ過ぎ注意!

一度にたくさん食べる人はその分糖を摂取することが多くなるため、インスリンの分泌が促されます。しかし、普段からインスリンの分泌が促されている状態が続くと、体がインスリンの分泌に慣れてしまい、インスリンが効きにくい体質になってしまうのです。こうなると、通常よりも糖尿病を発症しやすくなります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所