熱中症対策のポイントは? 発生原因や効率的な対処法をチェック!

死亡者が出るほど熱中症はとても重い症状になりがちなので、熱中症のことを軽く考えるのはよくありません。では、どうすれば熱中症を未然に防ぐことができるのでしょうか。熱中症防止のためには、発生する原因や効果的な対策を知ることが大切です。

本記事では、熱中症が発生する原因や発生事例・対策について解説します。

  1. 熱中症が発生する原因は?
  2. 効果のない熱中症対策がある!?
  3. 熱中症対策の4つのポイント
  4. 熱中症になった場合の対処法は?
  5. 熱中症に関してよくある質問

本記事を読むことで、効果が期待できる熱中症対策が分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.熱中症が発生する原因は?

最初に、熱中症が発生する原因をチェックしておきましょう。

1-1.熱中症になりやすい環境

熱中症が発生しやすい環境があります。湿度が高い・風がない・冷房機器不使用などです。気温と湿度が高く風がないにもかかわらず冷房機器を使っていない環境は熱中症になりやすくなります。熱中症を引き起こす条件は環境のほかに体と行動によるものがありますが、環境が原因で熱中症が加速してしまうのです。人間の体は平常時は体温が上がっても汗や皮膚温度が上昇することで、体温が外へ逃げる仕組みになっています。体温調節が自然と行われますが、環境が悪いとその仕組みもうまく働かなくなってしまうのです。

1-2.熱中症になりやすい身体状態

健康状態によって、熱中症のリスクが大きく変わります。体調が悪く疲労がとれない・睡眠不足・暑さに慣れていないなどの身体状態だと、熱中症になりやすくなるのです。また、免疫力が低下しているとき、下痢や二日酔いをしているときも熱中症になりやすい状態なので注意しましょう。特に、気をつけておきたいのは脱水症状です。発熱・下痢・二日酔いはいずれも脱水症状を起こしやすい状態になっているため、体温調節機能がうまく働かなくなります。脱水症になると、血液の量が減り、血圧も低下するのでどんどん悪化してしまうのです。

1-3.熱中症になりやすい行動

以下の行動をしている人ほど、熱中症になりやすい傾向があります。

  • 激しい筋肉運動や慣れない運動
  • 長時間の屋外作業
  • 水分補給できない状況

上記の3点に当てはまる方は熱中症になりやすい行動をしているので、十分な休息や水分補給が必要になるでしょう。行動に加えて体調不良が重なることで、さらに熱中症のリスクが高まる恐れがあります。

2.効果のない熱中症対策がある!?

熱中症対策と思っていることが、実は効果がなかったら意味がありません。ここでは、効果が期待できない熱中症対策を紹介します。

2-1.のどが渇いてから水分補給では遅い

熱中症対策の基本は水分補給と言われていますが、のどが渇いてからの水分補給では遅いことをご存じでしょうか。熱中症になる多くの人は、意識のズレが大きく影響しています。代表的なズレと言えるのが、のどが渇いてから水分補給するのは遅いということです。のどが渇くというサインは、すでに脱水が始まっている証拠となります。そのため、のどが渇いたら水分補給するのではなく、のどが渇いてなくてもこまめに水分補給するのが正解なのです。

2-2.子どもや高齢者は暑さを感じた後の対策では遅い

「暑くなったら」の後での熱中症対策では遅いということを知っておかなければなりません。特に、免疫力が低い子どもや高齢者は、暑さを感じた後での対策では意味をなさない可能性があります。実際に、緊急搬送された熱中症患者は、65歳以上の高齢者が、それ以下の成人層よりも多いということが分かりました。倒れるまで暑くなかった・のども渇いていなかったという感覚を持っていたのです。高齢者は新陳代謝が落ちているので暑さを不快に感じなくなっています。体の中の水分も少ないため、脱水症状になりやすいのです。

2-3.若いから大丈夫と思うのは間違い

新陳代謝が低下している高齢者は若い人よりも熱中症になりやすいのですが、「若いから大丈夫!」という認識も大きな間違いなので注意が必要です。若い人でも熱中症になりやすく、深夜の屋外でも熱中症を引き起こして搬送された人はたくさんいます。東京23区のデータによると、夜の8時以降でも19歳以上の若い人による熱中症患者が出ているのです。特に、都市部はコンクリートやエアコンの放出熱などで深夜でも気温が下がりにくい状態になっています。その上、仕事による疲労や二日酔いなどが重なると若い人でも熱中症になるのです。「体力があるから大丈夫」と思わないようにしておきましょう。

3.熱中症対策の4つのポイント

それでは、熱中症対策の4つのポイントを解説します。

3-1.涼しい環境と冷却を心がける

熱中症対策で必要なのは、涼しい環境に身を置くことです。室内では無理に暑さを我慢せずに、扇風機やクーラーなどを活用してください。そして、適度な気温と湿度を保ちましょう。熱中症対策に良いとされているのは、室温が28℃程度、湿度が40~60%と言われています。ただし、人によって心地よいと思える気温と湿度は異なるため、自分の体調を見ながら調節するといいでしょう。炎天下で働いている人は、涼しい環境に身を置いているわけではないので、皮膚に水をかける・うちわや扇風機であおいだりするなど体を冷やすように心がけてください。いかに早く体温を下げられるかが悪化しないポイントとなります。

3-2.水分だけでなく塩分も補給する

こまめな水分補給が熱中症対策の基本と言われていますが、水分だけでなく塩分の補給も必要不可欠です。特に、一気に大量の水を摂取すると体内の電解質バランスが崩れて体調不良になりやすくなります。水分補給をする際は、同時に塩分の補給も行ってください。たとえば、塩分が含まれている飴(あめ)をなめたり、水分と塩分が同時に補給できるスポーツドリンクや経口補水液を飲んだりするなど対策はさまざまです。ただし、緑茶やウーロン茶は利尿作用があるカフェインが含まれているので熱中症対策には向いていません。

3-3.健康状況を毎日チェックする

前述したように、体調不良の際に熱中症になりやすいので健康管理ができていない人ほどリスクが高まります。そのため、健康状況を毎日チェックし管理を徹底することが大切です。たとえば、以下の項目を毎日チェックしてください。

  • 風邪気味など体調不良ではないか
  • 寝不足状態が続いていないか
  • 前日の飲酒が多くなかったか
  • 朝食を抜いていないか

家族に子どもや高齢者がいる場合は、本人の代わりに家族が様子をチェックしてあげるといいでしょう。毎日健康状況をチェックしておけば、わずかな異変も察知できるはずです。

3-4.暑さに備えた体づくりを行う

熱中症対策として、暑さに備えた体づくりを行うことも大切なポイントです。熱中症のなりやすさは、暑さに慣れやすい体かどうかで大きく変わります。体力をつけるために、日ごろから30分程度のウォーキングをするなど、汗をかく習慣をつけることが大切です。汗がかきやすくなると梅雨の後の暑さにも慣れやすくなり、熱中症にかかりにくくなります。ウォーキングをする際は、暑すぎない日や場所を選び、十分に水分補給を行ってください。

4.熱中症になった場合の対処法は?

では、熱中症になった場合はどのように対処すればいいのでしょうか。

4-1.まずは症状を確認する

めまい・筋肉痛・筋肉の硬直・大量の発汗・不快感など、熱中症を疑う症状はたくさんあります。熱中症の疑いがある場合は、まずどんな症状が起きているのか確認してください。熱中症が疑われる場合は、適切な応急処置を行う必要があります。ただし、意識がない・呼びかけに応じない・意識がハッキリしていないケースは、すぐに救急車を要請しましょう。意識がないケースは、早く処置しなければ命にかかわる恐れがあるので要注意です。

4-2.涼しい場所に移動する

救急車を呼んだ場合も意識がある場合も、速やかな処置が必要なので早めに涼しい場所に移動してください。熱中症が疑われる場合は体の熱を早めに冷やすことが大切です。できれば、クーラーが効いている室内に移動してください。近くに建物がない場合は風通しのよい日陰でゆっくり体を冷やしましょう。冷水を浴びたり、冷たいタオルを体にあてたりするのもOKです。きついベルトや下着をゆるめたり、衣服を脱いだりして体から熱を放散します。氷のうや保冷剤などがあれば、首の両脇・脇の下などにあてて皮膚のすぐ近くにある太い血管を冷やしてください。

4-3.水分と電解質を補給する

意識がハッキリしているのであれば、水分と電解質を補給しましょう。汗で失われているのは水分だけでなく電解質なので、スポーツドリンクや経口補水液をしっかり飲んでください。ナトリウムを100mlあたり40~80mg含んでいる飲料がおすすめです。ただし、呼びかけや刺激に対する反応がおかしいと思えるケースは、誤って水分が気道に流れ込む可能性があるので無理に飲ませないようにしましょう。また、吐き気があるときは口から水分を摂取せず、医療機関での点滴などの処置が必要となります。

4-4.症状がよくなっても十分に体を休める

涼しい場所へ移動し水分を自力で補給すると少しずつ症状がよくなると思います。ただし、症状がよくなったからと言って、再び激しい運動をしたり無理に体を動かしたりするのはNGです。症状がよくなってもそのまま安静にし、十分に休息をとってください。そして、完全に回復したら帰宅するといいでしょう。水分・塩分を補給しても症状がよくならない場合は、医療機関を受診することが大切です。

5.熱中症に関してよくある質問

熱中症に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.熱中症の発生事例は?
A.野球部に所属する男子高校生が、合宿に参加し最高気温35℃の炎天下で練習をしていました。午前中で練習が終わり、5km離れた宿舎で水分補給をしつつジョギングで戻ったところ、会話の様子に異常が見られ休息をとっていたが呼吸が苦しくなったそうです。結局、そのまま男子高校生は救急車で病院に搬送されました。熱中症は運動後にすぐ発生するものではなく、後から異変が起きることもあります。

Q.特に注意しておきたい場所は?
A.室内でも熱気や湿気がこもりやすいところは注意しておきたい場所です。特に、風呂場・洗面所は洗濯機や乾燥機などの熱がこもりやすく湿気もたまります。このような場所で長時間過ごしていると気分が悪くなり、熱中症になってしまうのです。また、最上階は昼間に上がった気温や湿度により熱がこもっているため、そこで休む場合は窓を開けたり冷房をつけたりするなどして環境を整えてください。

Q.熱中症が疑われる症状は?
A.重症度I~Ⅲ度の3段階に分かれます。それぞれの段階で見られる症状は以下のとおりです。

  • 重症度I度:めまい・立ちくらみ・こむら返り・大量の汗
  • 重症度Ⅱ度:頭痛・吐き気・体のだるさ・体に力が入らない・集中力や判断力の低下
  • 重症度Ⅲ度:意識障害・けいれん・運動障害

Q.入浴時に気をつけておきたいことは?
A.入浴中は汗をかきやすいのでこまめな水分補給が必要です。入浴によって、約800mlの水分が失われると言われています。脱水症状から熱中症のリスクが高まるため、入浴前後の水分補給を心がけてください。できれば、入浴前にコップ1杯程度の水分を補給しておきましょう。入浴時間が長めの方は、浴室内に水分を持ち込んでください。

まとめ

熱中症は自覚症状が分かりにくいため、日ごろから注意しておかなければなりません。こまめな水分補給はもちろんのこと、塩分を補給したり、涼しい環境を整えたりと注意すべきポイントはたくさんあります。また、暑さに強い体づくりを行うことも大切です。体調管理を徹底しつつ体づくりを行うことで、熱中症になりにくい体が手に入るでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所