熱中症

必見!熱中症の症状や原因を徹底解説!
対策・予防法も紹介!

夏が近づいてくると注意しなくてはいけないのが熱中症です。症状に気づかずに放置していると命にかかわることもあります。しかし、熱中症はきちんと注意していれば予防することが可能です。この記事では、熱中症の原因や症状・予防方法について解説します。

この記事を読んで、暑さに負けない体作りを心がけましょう。

01. 熱中症とはどんな病気?

毎年暑い時期になると熱中症のニュースが耳に入ってきます。熱中症とは、そもそもどのような病気なのでしょうか?

1-1.体温調整機能の乱れによって発病する

熱中症が起こる原因は体温調整機能の乱れです。人間の身体はもともと体温調整機能を持っています。しかし、高温の環境に長時間いると、この機能が乱れてしまうことがあるのです。その結果、体内に熱がこもったり、急激に汗をかいたりすることで、体内の水分・塩分が奪われ、熱中症になってしまいます。

1-2.熱中症は暑さによって起こる障害の総称

熱中症は一つの症状ではなく、暑さが原因で起こる障害の総称です。症状が軽い順に、熱失神・熱けいれん・熱疲労・熱射病となっており、この四つの障害をまとめて「熱中症」と呼びます。四つの障害について詳しく見ていきましょう。

1-3-1.脳に送られる血液の量が減る「熱失神」

暑さで皮膚の血管が広がると、血流が減るために血圧が低下します。そのため、脳に送られる血液の量も減ってしまい、熱失神の原因になるのです。症状としては、めまいや顔面蒼白・脈が速くて弱くなる・一時的に失神するなどがあります。

1-3-2.塩分不足が原因の「熱けいれん」

汗を大量にかき、水分だけを補給した場合に起こるのが熱けいれんです。汗をして排出されるのは、水分だけではありません。塩分も同時に排出されているのです。そのため、水分だけを補っても塩分を摂らないと、血液中の塩分濃度が低下してしまいます。その結果、電解質のバランスが崩れ、足や腹部・腕の筋肉に痛みを伴うけいれんが起こるのです。

1-3-3.水分・塩分ともに足りなくなる「熱疲労」

大量の汗をかくことで、水分と塩分がともに足りなくなり、重度の脱水症状を起こしてしまうのが熱疲労です。血管が広がり、脱水によって血流が減るために低血圧となります。主な症状は、全身倦怠感や悪心・嘔吐・頭痛・集中力・判断力の低下などです。

1-3-4.熱疲労の悪化で起こる「熱射病」

熱射病は、熱疲労がさらに悪化し、意識障害やふらつきなどの症状が起きている状態です。脱水症状が悪化して体温調整機能が働かないため、発汗がなくなります。その結果、体温が上がりやすくなってしまうのです。体温が42度を超えると細胞が破壊され、中枢神経や心臓・肝臓・腎臓などの臓器に致命的な障害が起こります。

1-4.熱中症の要因は三つ

熱中症は「環境」「身体的」「行動」という三つの要因が重なった場合に起こりやすくなります。

1-4-1.環境による要因

環境による要因は、気温や湿度・強い日差しなどがあります。通気が弱い・風が弱いなどの環境のときにも注意が必要です。また、気温が高い中で厚着をしているときも熱中症のリスクが高まります。

1-4-2.身体的な要因

身体的な要因には、以下のようなものがあります。

  • 体調不良。
  • 高齢者・乳幼児。
  • 糖尿病などの持病がある。
  • 病気などで脱水症状を起こしている。
  • 運動不足で肥満気味。

上記に当てはまる人は熱中症になりやすいため、普段から特に注意が必要です。

1-4-3.行動による要因

行動による要因は、激しい運動や長時間の炎天下での労働などです。また、水分補給がしにくい状況で過ごすことも行動による要因に分類されます。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所