熱中症

必見!熱中症の症状や原因を徹底解説!
対策・予防法も紹介!

夏が近づいてくると注意しなくてはいけないのが熱中症です。症状に気づかずに放置していると命にかかわることもあります。しかし、熱中症はきちんと注意していれば予防することが可能です。この記事では、熱中症の原因や症状・予防方法について解説します。

この記事を読んで、暑さに負けない体作りを心がけましょう。

01. 熱中症とはどんな病気?

毎年暑い時期になると熱中症のニュースが耳に入ってきます。熱中症とは、そもそもどのような病気なのでしょうか?

1-1.体温調整機能の乱れによって発病する

熱中症が起こる原因は体温調整機能の乱れです。人間の身体はもともと体温調整機能を持っています。しかし、高温の環境に長時間いると、この機能が乱れてしまうことがあるのです。その結果、体内に熱がこもったり、急激に汗をかいたりすることで、体内の水分・塩分が奪われ、熱中症になってしまいます。

1-2.熱中症は暑さによって起こる障害の総称

熱中症は一つの症状ではなく、暑さが原因で起こる障害の総称です。症状が軽い順に、熱失神・熱けいれん・熱疲労・熱射病となっており、この四つの障害をまとめて「熱中症」と呼びます。四つの障害について詳しく見ていきましょう。

1-3-1.脳に送られる血液の量が減る「熱失神」

暑さで皮膚の血管が広がると、血流が減るために血圧が低下します。そのため、脳に送られる血液の量も減ってしまい、熱失神の原因になるのです。症状としては、めまいや顔面蒼白・脈が速くて弱くなる・一時的に失神するなどがあります。

1-3-2.塩分不足が原因の「熱けいれん」

汗を大量にかき、水分だけを補給した場合に起こるのが熱けいれんです。汗をして排出されるのは、水分だけではありません。塩分も同時に排出されているのです。そのため、水分だけを補っても塩分を摂らないと、血液中の塩分濃度が低下してしまいます。その結果、電解質のバランスが崩れ、足や腹部・腕の筋肉に痛みを伴うけいれんが起こるのです。

1-3-3.水分・塩分ともに足りなくなる「熱疲労」

大量の汗をかくことで、水分と塩分がともに足りなくなり、重度の脱水症状を起こしてしまうのが熱疲労です。血管が広がり、脱水によって血流が減るために低血圧となります。主な症状は、全身倦怠感や悪心・嘔吐・頭痛・集中力・判断力の低下などです。

1-3-4.熱疲労の悪化で起こる「熱射病」

熱射病は、熱疲労がさらに悪化し、意識障害やふらつきなどの症状が起きている状態です。脱水症状が悪化して体温調整機能が働かないため、発汗がなくなります。その結果、体温が上がりやすくなってしまうのです。体温が42度を超えると細胞が破壊され、中枢神経や心臓・肝臓・腎臓などの臓器に致命的な障害が起こります。

1-4.熱中症の要因は三つ

熱中症は「環境」「身体的」「行動」という三つの要因が重なった場合に起こりやすくなります。

1-4-1.環境による要因

環境による要因は、気温や湿度・強い日差しなどがあります。通気が弱い・風が弱いなどの環境のときにも注意が必要です。また、気温が高い中で厚着をしているときも熱中症のリスクが高まります。

1-4-2.身体的な要因

身体的な要因には、以下のようなものがあります。

  • 体調不良。
  • 高齢者・乳幼児。
  • 糖尿病などの持病がある。
  • 病気などで脱水症状を起こしている。
  • 運動不足で肥満気味。

上記に当てはまる人は熱中症になりやすいため、普段から特に注意が必要です。

1-4-3.行動による要因

行動による要因は、激しい運動や長時間の炎天下での労働などです。また、水分補給がしにくい状況で過ごすことも行動による要因に分類されます。

02. 熱中症の初期症状チェック!

熱中症は早い段階で対処すれば軽度で済むことがほとんどです。そのためにも、初期症状にはどのようなものがあるか知っておきましょう。

2-1.初期症状にはこんなものがある!

熱中症の初期症状には、以下のような身体の変化が挙げられます。

  • めまいや立ちくらみ
  • こむら返り
  • 腹痛
  • 手足などのけいれん
  • 心拍数増加
  • 顔色が悪くなる

こういった症状が出た場合は、熱中症のサインです。すぐに涼しい場所に移って水分補給をする必要があります。

2-2.同じ症状でも熱中症とは限らない!

夏に潜む危険な病気は熱中症だけではありません。熱中症の症状に似ていても、別の病気である可能性もあります。たとえば、脳梗塞や心筋梗塞・低体温症などです。めまいや吐き気、全身倦怠感や手足のしびれなど、熱中症に似た症状が出るため、間違ないように注意してください。

03. 熱中症の正しい対処法と治療法

熱中症に気づいたときは、正しく対処する必要があります。そこで熱中症の対処法を紹介しましょう。また、病院へ運ばれた後の治療法についても解説します。

3-1.迅速な応急処置がポイント!

熱中症のサインに気づいたら、すぐに応急処置を行いましょう。適切な応急処置を行えば、重症にならずに済むケースがほとんどです。

3-1-1.涼しい場所に移動する

まずは、すぐに涼しい場所に移動してください。建物が近くにない場合は、木陰に移動しましょう。建物があるなら、エアコンが効いた室内に入ってください。まずは日差しから遠ざかり、身体の外側からの熱をシャットアウトすることが大切です。

3-1-2.衣服を緩める

風とおしをよくするために、衣服を緩めてください。ベルトやバンドは緩め、ネクタイなどは外しましょう。楽な状態にするのがポイントです。

3-1-3.身体を冷やす

タオルをぬらして顔や手足に当てたり、うちわなどであおいだりして、身体を冷やしてください。首や脇の下・足の付け根には大きな動脈があるため、ここを冷やすと効率的に体温を下げることができます。

3-1-4.水分補給をする

汗が大量に出ている場合は、水だけ補給するとけいれんが起きる場合があります。理想的なのは、塩分も含んだ飲みものを飲むことです。市販のスポーツドリンクなどで構いません。ただし、意識障害がある場合は、無理やり水分を取ると誤嚥(ごえん)する可能性があるため、救急車を呼んでください。

3-2.熱中症はどう治療する?

熱中症になってしまった場合、どのような治療を受けることになるのでしょうか? 熱中症は、その症状によって治療方法が変わってきます。症状別に見ていきましょう。

3-2-1.軽度~中等症の場合

頭痛や吐き気がある・意識がもうろうとする・失神を起こす・身体がだるいなどの場合は、脱水症状を起こしている可能性あります。その場合の処置は、氷枕や氷嚢を使って体を冷やす「冷却療法」です。その上で、生理食塩水やリンゲル液の点滴・鎮痛剤を投与します。

筋肉の痛みやこむら返りが起きている場合は、塩分やミネラルが不足した状態です。そのため、生理食塩水の点滴や経口補水液の投与などを行い、体内の塩分やミネラルを正常な濃度に戻します。

3-2-2.重症の場合

まっすぐ歩くことができない・呼びかけに対する反応がおかしいまたは無反応であるなど、明らかに意識障害を起こしている場合は、非常に緊急性が高い状態です。こうした場合、集中治療室での治療が必要になります。集中治療室での治療は、冷却療法と点滴による体温・体液の補正、抗けいれん薬や筋弛緩薬の投与などです。

04. 熱中症を予防するには?

熱中症は普段から注意しておくことで予防することが可能です。予防法にはどのようなものがあるのでしょうか?

4-1.暑さに負けない身体を作る

熱中症を予防するためには、暑さに負けない身体作りが大切です。普段からバランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体を作るよう心がけましょう。また、汗をかく習慣を身につけるために、ウォーキングなどの運動がおすすめです。夏の暑さにも対抗しやすくなり、熱中症になりにくくなります。

4-2.暑さを避ける

できるだけ暑さの影響を受けないように注意することも大切です。たとえば、屋外では日陰を選んで歩いたり、日傘や帽子を使用したりして、直射日光を避けるようにしましょう。また、屋内での熱中症にも注意が必要です。扇風機やエアコン・すだれやカーテンを使って暑さ対策をしてください。

4-3.こまめに水分を補給する

暑い日は知らず知らずのうちに汗をかいています。そのため、こまめに水分を補給することが大切です。「喉が渇いた」と感じたときには、すでに軽い脱水状態に陥っています。喉が渇く前に、スポーツドリンクなどで水分と塩分を補給しましょう。なお、アルコールは尿の量を増やして体内の水分を排出してしまうため、ビールなどで水分の補給はできません。

4-4.服装を工夫する

服装の工夫も必要です。汗を吸収してくれる吸水性に優れた素材の服や下着を着るようにしましょう。えり元はなるべく緩めて、熱気や汗が出ていきやすいように通気してください。また、黒色の衣類は熱を吸収して熱くなってしまうため、避けることをおすすめします。

4-5.漢方で熱中症予防も!

熱中症の予防に効果的な漢方もあることをご存じでしたか?漢方を飲むことで身体の内側から働きかけることができるのです。
効果的な漢方には「五苓散(ごれいさん)」や「清暑益気湯(せいしょえっきとう)」「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」などがあります。

05. 熱中症の治療を行っている病院の紹介

熱中症の治療を行っている病院をご紹介します。

東京医科大学病院

hospinfo.tokyo-med.ac.jp/news/shimin/nettyuusho02.html

都心に位置する特定機能病院です。

東京逓信病院

http://www.hospital.japanpost.jp/tokyo/health/magazine/105/05.html

千代田区にある病院です。東京都指定二次救急医療機関としても指定されています。

医療法人清友会 笹松病院

http://www.seiyuukai.or.jp/health/nettyushou/nettyushou.html

二次救急医療機関に指定されており、365日24時間救急外来を受診することができます。

06. 熱中症対策商品を活用しよう!

熱中症対策のために、さまざまなグッズが販売されています。おすすめの商品をご紹介しましょう。

クールバンダナ「アイスネック」

http://www.amazon.co.jp/クールバンダナ「アイスネック」/dp/B0016ONZCE

高吸水繊維「ベルオアシス」を内蔵したクールバンダナです。気化熱効果と保冷剤のW効果で首元ひんやり!

熱中対策「服の上から体を冷やすスプレー」

http://www.amazon.co.jp/熱中対策「服の上から体を冷やすスプレー/dp/B007UWH3Q0

服の上からスプレーするだけで身体を瞬時に冷やします。汗をかくたびに冷感を与えてくれるでしょう。

PAX-ASIANの「ひんやりハット」

http://www.amazon.co.jp/PAX-ASIANの「ひんやりハット」/dp/B007JQBU3E

水につけて絞るだけで熱中症対策に!あらゆる帽子のインナーとして使用することができます。

07. 熱中症の関連書籍紹介

熱中症に関する書籍をご紹介します。

熱中症対策マニュアル

https://www.amazon.co.jp/熱中症対策マニュアル-稲葉-裕/dp/4767811635

熱中症の症状や予防法など、イラストとマンガでやさしくまとめられた1冊です。

熱中症を防ごう-熱中症予防の基本

http://www.amazon.co.jp/熱中症を防ごう―熱中症予防対策の基本-堀江…/4805914424

熱中症の危険性や発生原因・症状・予防方法・救急措置などの基本的な知識や技術について解説されています。

熱中症の現状と予防-さまざまな分野から予防対策を見つけ出す

http://www.amazon.co.jp/熱中症の現状と予防―さまざまな分野から予防対策を見つけ出…

熱中症の基本的な知識をはじめ、運動時や学校での対策・気象条件・住環境・衣類との関係など、さまざまな分野からの予防対策が紹介されています。

08. よくある質問

熱中症に悩む人が考えることの多い疑問とその回答をまとめました。

Q.室内でも熱中症になることはありますか?

A.近年、室内で発生する熱中症も増加中です。室内で熱中症になりやすい条件としては、高い気温と湿度があります。30度以上の真夏日には、室内の温度も上昇するでしょう。その上、雨が降って湿度が高くなると、特に熱中症を起こしやすくなるのです。そのため、部屋の風とおしをよくする、日差しをさえぎる、エアコンを利用するなどの対策が必要になります。

Q.熱中症予防に適した飲料にはどのようなものがありますか?

A.熱中症を予防するために効果的な飲料を選ぶときは、二つのケースに分けて考える必要があります。
スポーツや労働などによって大量に汗を書く場合は、塩分をしっかり摂取するようにしましょう。スポーツドリンクや経口補水液をおすすめします。
一方、室内でじわじわと汗をかくような場合に最適なのが麦茶です。汗とともに失われがちなミネラルを摂取できます。

Q.熱中症を起こしやすい年代とは?

A.特に熱中症を起こしやすいのは、乳幼児と高齢者です。体温調整機能や発汗機能が未熟または低下するため、暑さに気づきにくく、体温が高いままになってしまいます。

Q.熱中症が起こりやすいのは夏場だけですか?

A.熱中症が起こりやすいのは、太陽が照りつける暑い日だけではありません。梅雨の晴れ間や、梅雨明けの急に暑くなったときも要注意です。この時期は身体がまだ暑さに慣れていないため、上手に体温を調節することができません。

Q.熱中症から回復するまでどのくらいの期間がかかりますか?

A.熱中症から回復するまでの時間は、軽度で数時間~1日、中度で3~4日かかります。ただし、身体は回復しても、完全に身体の機能をもとに戻すために3か月以上かかる人もいるでしょう。消化のよい食事を心がけながら、できるだけ安静にして過ごすようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。熱中症の原因や症状、予防方法などをまとめて解説しました。熱中症は早めに対処することで重症化を防ぐことが可能です。万が一のときに自分の症状を見極めることができるように、熱中症について詳しく知っておきましょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所