帝王切開

帝王切開の心構え!
費用や術後の過ごし方・傷跡のケア方法は?

帝王切開は母子どちらかに何らかの問題がある場合に選択できる出産方法です。今や5人に1人は帝王切開の出産となっており、母子ともに安全に出産できる体制が整っています。しかし、帝王切開での出産を控えている人にとって、不安は大きいでしょう。費用はどのくらいかかるのか・リスクはあるのか、痛みはどの程度なのかなど、事前に知っておくことが必要です。この記事では、帝王切開のメリットや流れ・術後の影響などについてまとめてご紹介します。

正しい情報を知って帝王切開の不安を減らしましょう!

01. 帝王切開とは?

帝王切開とは、具体的にどのような場合に行う出産方法なのでしょうか。詳しくご紹介します。

1-1.自然分娩が難しい場合の選択肢

帝王切開とは、お母さんか赤ちゃんのどちらかに問題が生じ、自然分娩が難しいと判断された場合に選択される出産方法です。具体的には、お母さんの腹部と子宮を切開して、赤ちゃんを直接取り出します。
帝王切開による出産は、過去20年で約2倍に増えているのです。その理由には、赤ちゃんの安全を重視するようになったこと、医療技術の進歩により安全な手術が可能になったことが挙げられます。

1-2.帝王切開になるケースは2種類

帝王切開の種類には、以下の二つがあります。

1-2-1.予定帝王切開

超音波などの検査方法が進歩したことにより、おなかの中にいる赤ちゃんの様子やお母さんの健康状態が詳しくわかるようになりました。通常は36~37週の健診結果をもとに自然分娩が難しいと判断されると、帝王切開を選択することになるでしょう。たとえば、逆子や多胎妊娠・前置胎盤などの場合、帝王切開となります。

1-2-2.緊急帝王切開

赤ちゃんあるいはお母さんの体に何らかの問題が起き、急いで赤ちゃんを取り出す必要がある場合には、緊急帝王切開が行われます。お産の途中や出産直前に手術が決まり、お母さんや家族の同意を得て手術を行うことになるでしょう。緊急帝王切開が行われる主なケースには、胎児機能不全や常位胎盤早期剥離・回旋異常などがあります。

1-3.帝王切開の手術方法

手術の流れとしては、まず切開の痛みをやわらげるために麻酔を打ちます。麻酔薬や麻酔方法については、母体の状況に合わせたものを選択することになるでしょう。帝王切開の切開方法には「縦切り」と「横切り」の2とおりがあります。緊急帝王切開の場合は、手術時間が短く、赤ちゃんを早く安全に取り出すことができるように「縦切り」を選択するのが通常です。
切開してから赤ちゃんを取り上げるまではほんの数分。赤ちゃんを取り出した後は、胎盤などを取り出して子宮内をきれいにします。そして、溶ける糸などを使って縫合して終了です。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所