低血糖

低血糖症が不安な方必見!
症状や原因・予防・セルフチェック法とは?

健康な人にも起こり得る低血糖症。特に、血糖コントロールが自然にできない糖尿病では「付きもの」とも言える症状で、放置すれば命にもかかわります。しかし、すぐに対処すれば症状は改善するため、決して恐ろしい病気ではありません。この記事では、低血糖症の原因や症状・対処法などをまとめて解説しましょう。

低血糖症を起こさないために、日ごろから何に注意すべきなのか知ってください。

01. 低血糖症ってどんな病気?

まずは、低血糖症についてご紹介します。主な症状や原因・なりやすい人の特徴をまとめてみました。

1-1.血糖値が低い方に傾くことで現れる

低血糖症とは血糖値が正常な変動幅を超えて低い方に傾くことで現れる症状です。血糖値が下がるとインスリン分泌量が減り、一方で血糖を上げるためのホルモンが分泌されます。しかし、食事などで糖分の補給がうまくできず急に血糖が下がり過ぎると、この調節がうまくいかなくなってしまうのです。低血糖症の症状は、これ以上血糖が下がると中枢神経の機能が低下して危険だということを知らせるサインでもあります。

1-2.症状の現れ方はさまざま

症状の現れ方にはいくつか種類があります。症状の現れ方を決めるのが、血糖値の下がり方です。血糖値が急激に下がるときは自律神経症状が強く、血糖値が緩やかに下がるときは中枢神経症状が強く出る傾向にあります。中枢神経症状として現れるのが、意識の混乱や集中力の散漫・眠気・発語困難・頭痛・けいれん・昏睡などです。一方の自律神経症状は、空腹や発汗・震え・不安・動悸などがあります。

1-3.低血糖症を引き起こす要因とは?

低血糖症を引き起こしやすいのはどのようなときなのでしょうか。その要因をご紹介します。

1-3-1.不適切な食事摂取

食事を抜く、食事の量が少ないときなどに、低血糖症を引き起こしやすくなります。下痢や嘔吐などで食事が十分摂取できないなども低血糖症の要因です。また、速効型・超速効型・混合型インスリン注射を打った後などにすぐ食事がとれなかったときにも、低血糖症を起こしやすくなります。

1-3-2.多過ぎる運動量

激しい運動や労働量の増加も低血糖症を起こす原因です。通常、運動や労働をしているときは、肝臓と筋肉に蓄えたグリコーゲンを消費して血糖値を一定に保っています。しかし、体内に蓄えらるグリコーゲンの量は1日何も食べなければなくなってしまうほどわずかなものです。そのため、運動の条件とそのときの血糖値によっては血糖値を維持できずに低血糖症となってしまいます。

1-3-3.アルコール過多

アルコールも血糖値を下げる要因となります。アルコールには、遅延インスリンを増強するだけでなく、血糖値を上げるアドレナリンやグルカゴン・成長ホルモンの分泌を阻害する働きがあるのです。特に、食事をとらずに飲酒をしている場合は低血糖症のリスクが高くなります。

1-3-4.インスリン注射・経口糖尿病治療薬

インスリン注射によって血糖値が下がり過ぎることで低血糖症が起こることもあります。インスリンそのものの量以外に、血糖値が低い時間帯での投与などが原因です。場合によっては、意識がなくなる・けいれんを起こすなどの症状が出るため、すぐに医師の診断が必要になります。

1-4.こんな人は要注意!

低血糖症になりやすい体質には、以下のようなものがあります。

  • 貧血体質
  • アレルギー体質
  • 先天的糖尿病体質
  • 下垂症・胃酸過多症
  • 自律神経失調症
  • 甲状腺機能障害
そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所