インフルエンザ

インフルエンザの症状や予防・治療法を紹介!
普通の風邪との違いは?

冬場になると毎年必ずやってくるインフルエンザの流行。その感染者数は急激に増え、全国の学校では学級閉鎖や休校が相次いで発生します。感染力が非常に強いため、1人がインフルエンザにかかると家族全滅…という家庭も少なくありません。そこで、この記事では、インフルエンザの症状やチェック方法・予防のポイントなどをまとめて解説します。ぜひ参考にして、流行の時期がくる前から対策を考えておいてください。

この記事を読めば、インフルエンザの流行時期も安心して過ごすことができるでしょう。

01. インフルエンザとは?

インフルエンザの初期症状は風邪と似ているため、判断に迷う人も多いでしょう。そこで、インフルエンザの種類や主な症状・原因などを解説します。

1-1.インフルエンザは3種類ある

インフルエンザはA型・B型・C型の3種類に分類され、どのタイプのインフルエンザが流行するかは、毎年異なります。種類別の特徴と症状をご紹介しましょう。

1-1-1.高熱が出やすいA型

毎年、主に11~2月の気温が低く乾燥した時期に流行します。A型インフルエンザウイルスは変異しやすく、新型が生まれやすいのが特徴です。現在は140パターン以上のウイルスが発見されており、ウイルスの種類によっては毎年かかることもあります。主な特徴は、38~40度の高熱と関節痛・筋肉痛・頭痛・咳(せき)やくしゃみ・鼻水などです。

1-1-2.消化器系の症状が出やすいB型

A型との大きな違いは、胃痛や腹痛・下痢など消化器系の症状が出やすいという点です。また、A型と比較して熱が上がらないのが特徴で、37~38度程度で済むこともあります。B型インフルエンザが流行するのは、A型の流行が終わったころの春先です。ウイルス変異は穏やかですが、免疫のない亜種が発生することもあるため、注意する必要があります。

1-1-3.流行することのないC型

C型はウイルスが1種類しかありません。同じ型のインフルエンザに感染することはないため、一生をとおして2回かかることはないのです。そのため、流行することもありません。特に幼児期にかかることが多く、インフルエンザにかかったことに気づかない人もたくさんいるでしょう。症状としては、B型と同じように37~38度程度の熱で済むことがほとんどで、鼻水が多量に出るのが特徴です。

1-2.感染経路は二つ

インフルエンザの原因は、ウイルス感染によるものです。その感染経路として考えられるものには二つあります。

1-2-1.飛沫(ひまつ)感染

インフルエンザに感染した人のくしゃみや咳(せき)などによってウイルスが飛び散り、その粒子を鼻や口から吸い込むことで感染します。

1-2-2.接触感染

くしゃみや咳(せき)などによって飛び散ったウイルスは、水分が蒸発した細かい粒子となって空気中を浮遊します。その粒子を吸い込んだり、ウイルスのついたものに触れたりすることで感染することもあるのです。

1-3.インフルエンザにかかりやすいのはどんな人?

インフルエンザは予防接種をしていてもかかりやすい人とかかりにくい人がいます。かかりやすい人は免疫力が低下していることが考えられるでしょう。注意が必要な人の特徴をまとめてみました。

1-3-1.慢性的な睡眠不足の人

睡眠中はさまざまなホルモンが分泌され、体の疲労を回復させています。十分な睡眠がとれないということは、体の修復が追いつかず、疲れがどんどんたまっていくということです。また、睡眠不足が続くと自律神経が乱れ、体を病気から守る白血球のバランスが崩れてしまいます。そのことが免疫力低下につながるケースもあるのです。

1-3-2.運動不足の人

運動不足は血行不良や代謝不良を招き、体に老廃物がたまる原因となります。その結果、体は疲れやすくなり、免疫力も低下してしまうのです。体内のウイルスを攻撃する「NK細胞」を活性化するためにも、軽い有酸素運動を取り入れていきましょう。

1-3-3.便秘がちな人

免疫細胞の一つであるリンパ球は、その6割が腸内に存在しています。便秘がちな人は腸内環境が乱れているため、免疫力が低下し、病気にかかりやすくなるのです。毎年のようにインフルエンザにかかる人は、腸内環境の改善を試みてください。

1-3-4.冷え性の人

人間は体温が上がると免疫力が高まり、下がると免疫力も低下します。そのため、冷え性でいつも体が冷えている人は、インフルエンザなどの病気にかかりやすいのです。特に、おなか周りが冷えている人は注意してください。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所